ジブン手帳

KOKUYO:ジブン手帳DAYS mini

手帳ユーザーの中で人気の高い『ジブン手帳』。2020年9月にその仲間入りしたのが1日1ページタイプの『ジブン手帳DAYS mini』!発売当初から人気で瞬く間に売れ、あっという間に在庫無しの状態になりました。
去年から欲しかったのですが購入しようと思った時には既に遅く、ネットや店舗を見るも在庫無し。なので2022年の今年は発売してすぐ購入しました( ´∀`)

note

そんな人気の『ジブン手帳DAYS mini』について紹介したいと思います!

KOKUYO

KOKUYOについてはこちらをご覧ください〃´∀`)ノ

ジブン手帳シリーズ

ジブン手帳/ジブン手帳mini

ファーストキットスタンダードカバータイプ

mini / B6スリム(H190×W120mm)
引用:https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/jibun_techo/lineup/

カラー:(A5)インディゴ・ピンク・ホワイト (B6)グリーン・ピンク・ホワイト
「DIARY」「LIFE」「IDEA」3冊セット
材質:PVC(透明・マット)
枚数:DIARY112枚 / LIFE40枚 / IDEA40枚

DIARYスタンダードカバータイプ

mini / B6スリム(H190×W120mm)
引用:https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/jibun_techo/lineup/

カラー:(A5)インディゴ・ホワイト・イエロー (B6)ピンク・ホワイト
「DIARY」単体のみ
材質:PVC(透明・マット)
枚数:DIARY112枚

カバー無しリフィル

A5スリム (H210×W130mm)
mini / B6スリム (H182×W112mm)
※DIARYのみ
引用:https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/jibun_techo/lineup/

LIFE & IDEA

A5スリム (H210×W130mm)
mini / B6スリム (H182×W112mm)
引用:https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/jibun_techo/lineup/

ジブン⼿帳Biz / ジブン⼿帳Biz mini

マットカバータイプ

A5スリム(H217×W138mm)
mini /B6スリム(H190×W120mm)
引用:https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/jibun_techo/lineup/biz.html

カラー:マットブラック・マットネイビー・ライトベージュ
材質:PVC(カラー・マット)
枚数:DIARY104枚

カバー無しリフィル

A5スリム(H210×W130mm)
mini / B6スリム(H182×W112mm)
引用:https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/jibun_techo/lineup/biz.html

ジブン⼿帳Lite mini

カラー:ネイビー・ライトブルー・ライトピンク・ベージュ
材質:ポリウレタン
枚数:96枚

ジブン⼿帳DAYs

A5スリム(H217×W136mm)
B6 スリム(H190×W120mm)
引用:https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/jibun_techo/lineup/days.html

カラー:ブルー・グレー・レッド・イエロー
半年ごとの分冊仕様
材質:PVC(透明)+色特殊紙
枚数:112枚×2冊

ジブン手帳DAYS mini

外観

今回購入・紹介するのは『ジブン手帳DAYS mini』のグレーです。1日1ページの手帳はほとんどに厚みがあります。スケジュール用の手帳と違って持ち歩く可能性が低いので厚みがあるのは問題無いのですが、ジブン手帳は分冊タイプになっていて重さも軽量。半年毎なので入れ替えも苦じゃありません( ´∀`)
そして表面にポケットが付いているのでそこに書き込む前のメモやレシートを入れたり、写真やポストカードを入れてカスタムすることが出来ます!そしてカバーが表紙なのではなく、カバー自体はマットな透明で中にグレーの色特殊紙が入っている状態なので、もし販売されている中に自分の好きな色が無い…という時も中の紙を変えることで自分好みにすることが出来ます!

見返し/年間スケジュール

見返しにはカード入れと名前・連絡先の欄があります。miniと言ってもミニ6より大きいサイズなので、ここにキャッシュカードなんかは入れないと思うけど、情報カードを入れたりするのにとても便利!
そしてジブン手帳と同じ「THIN PAPER」と呼ばれるKOKUYOオリジナルの紙が使われていて、軽くて裏移りしにくく、消せるボールペンで擦っても波打ちしにくいのでいろんな筆記具を使うことが可能。手帳好きな方は万年筆が好きな方も多いので、いろんな筆記具に対応しているのはとても有難い( ´∀`)

去年・今年・来年の年間カレンダーと今年の年間スケジュールページ。ジブン手帳は方眼ベースになっているので、文を歪まずに書くことが出来ます。

リストページ

ジブン手帳の特徴として、中身の付録ページの多さがあると思います。手帳というと主に年間・マンスリー・ウィークリー・メモページというのが一般的ですが、ジブン手帳はそれ以外にいろんな項目のリストやお金のページなど、他の手帳には無いページがたくさん!
今回のDAYSもリストページがたくさん載っています。フリーリストは3ページもあるので、自分に合ったリストを作ることも可能です( ´∀`)読みたい本や行きたいお店、欲しいものや献立リストや好きなものリストなど、いろんなものをリスト化することで頭の中を整理しておくことはとても大事。1年後どれだけのチェックがされているのか振り返るのも楽しみです。

マンスリー/ハビットトラッカー

方眼がここでも活かされていて、家族のスケジュールや自分のスケジュール・仕事とプライベート2つのスケジュールなど分けやすいし、字の間隔が空けやすいのでスッキリと見せることが出来ます。
ブロック式のメリットはパッと見て全てを把握出来ること。そこでスッキリと整理することが出来れば頭にも入っていきやすくなり、自然と行動に繋げられるようになります(о´∀`о)

ブロックには気分が表示出来る顔マークや六曜・月の満ち欠けが載っていて、1番左側にはチェックボックスが付いているので月タスクを書いたりすることが出来ます。
そしてその下にはガントチャートもあるので項目毎に進行具合が記録出来るので、スケジュールだけでなく毎日の習慣をチェックしたりと、マンスリーだけでいろんな記録が可能!年間ページに続き、マンスリーって意外とスケジュール以外何を書いて良いかわからない…という問題が出がちですが、フォーマットが充実しているとそれがヒントになって書きたいことが明確になってくるので書くことがどんどん見えてくると思います。

毎月の扉ページ/デイリーページ

毎月の扉ページ

毎月最初のページにはその月の目標ややりたいこと、出来たことなどを書く欄があります。自分で書こうと思ってもなかなか書けなかったりしますが、最初から項目があることで書くきっかけになるし、月最初に意識することも出来るので、なんとなく書いていた手帳がより濃いものに。「頭ではわかっているつもり」では勿体無いので、書くことで可視化してどうだったかを振り返ってみると今まで見えていたものとはまた違う発見があるかもしれません。

デイリーページ

こちらが今までにない発売当初から話題になったT字型タイムラインのデイリーページです!2分割されているので、書く内容を分けることが出来たりタイムラインと詳細を1ページにまとめて書けたりなど、あらゆる方法が出来る画期的なフォーマットになっています。

時間軸の上部に3週間分の日付があり、次の日になったら横軸が1マス左にずれるという仕組み。翌週・翌々週の日付を把握することが出来、書き方によっては翌週・翌々週のスケジュールを見ながら書くことも!しかも24時間のタイムラインなので、夜型のお仕事の場合や起床時間が早い生活にも対応。1番下には気分をチェック出来る顔マーク付きのフリースペースがあり、そこに1日のまとめを書いたり、翌日の予定を書いたりなども出来ます。

後半目標/今年の振り返り

ジブン手帳DAYSは分冊になっていますが、その2冊目は後半の目標が書けるようになっていて、最後には今年の振り返りが。1年をまとめてだと大変だけど1ヶ月ごとに振り返れるので、今年がどんな1年だったかまとめやすく、書き終わる頃には達成感でいっぱいになっていると思います(о´∀`о)

 

↓↓ブログ村ランキング参加しています!よろしければポチっとお願いします!〃´`) 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)