ノート・手帳カバー

和紙製ブックカバー:SIWAレビュー

印鑑をデザインするSirusi

一眼見かけた時から欲しかった『SIWA』の商品。今回ほぼ日プランナーに付けたく購入したブックカバーをレビュー〃´∀`)

SIWA / 紙和

軽くて風合いのある和紙の良さはそのままに、和紙の産地、山梨県市川大門の和紙メーカー、大直(おおなお)が、紙の可能性を広げる、新しい和紙をつくりました。それが「ナオロン」。

和紙のしなやかさを持ちながらも、耐久性があり、水に濡れても破れない特徴を持っています。

これまでデリケートだった紙を、いっそう私たちの身近な素材にしてくれて、いつもそばにいてくれる道具をつくることができる。この優れた素材「ナオロン」を使って身のまわりのものを作り出すシリーズが、「SIWA | 紙和」。

1000年もの歴史のある紙の産地のメーカー大直と、同じ山梨県出身のプロダクトデザイナー、 深澤直人がいっしょにつくりました。

引用:https://siwa.jp/about.html
note

深澤直人氏というとあの無印良品の開発・デザインにも携わっている日本を代表するプロダクトデザイナー!あのLAMYnotoも深澤直人氏デザインで、LAMYで初めて起用された日本人デザイナーなのです。

簡単に言うとバッグやノートカバー、財布やインテリア雑貨まで幅広い和紙を使った商品です。
でもただ単純に『和紙』ではありません。『ナオロン』という特殊な和紙で、濡れた時ほど逆に耐久性が増し、使えば使うほどシワや風合いの経年変化が楽しめるというもの。素材自体は『和紙』なので軽く値段も大きめのバッグでも1万前後と手頃なので普段使いしやすいのも魅力的です。

今回の購入品

最初にSIWAの商品を見つけた時に、小銭入れや名刺ケース、ポーチなどがありどれを購入しようか迷っていました。でも初めて続ける事が出来ているデイリーノートに使いたくて今回購入したのはブックカバー。

すでに最初からあるこのシワがすごく良くてなんとも味があります。そしてモノトーン好きとしては嬉しいポイントなのが、タグ。このグレー×ブラックがカッコ良きです〃´∀`)

触り心地はサラサラで気持ち良く柔らか。裏表紙片方は折り返しバンドが装備されているので厚めの本にも対応可能なのですが、ほぼ日に付けてみると若干キツいかな…という印象。
少し表紙が浮いてしまうのだけど、これは普通の文庫本でも同様だったので、今後使っていって柔らかくなったら落ち着いてくるのかな、と。
それもまた楽しみです( ´∀`)

 

↓↓ブログ村ランキング参加しています!よろしければポチっとお願いします!〃´`) 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)