PILOT(ボールペン)

PILOT:パイロット Acroball(アクロボール)シリーズ 『アクロ500(0.3)』正直レビュー

過去記事でアクロボールシリーズについて書きました。

最近メモパッドを購入しようと文房具コーナーに立ち寄った時に見つけたアクロ500。発売されてることは知っていたものの手を出さずにいたので使ってみたいと思い購入。

note

今まで使ってきたボールペンとは違って正直マイナス面が多かったので記事にしようか迷ったけど、感じたことそのままレビューしていこうと思います!

PILOT

PILOTについてはこちらをご覧ください〃´∀`)ノ

アクロボールシリーズ

今回はアクロ500のみ紹介していきますので、他のアクロボールシリーズと他商品についてはこちらをご覧ください〃´∀`)ノ

アクロ500

アクロ500(0.3mm激細):BAC-50MF

ブラックマット
シルキーラベンダー
シルキーグリーン
シルキーピンク
インク色:黒
¥550(税抜価格¥500)

アクロ500(0.5mm極細):BAC-50EF

ブラックマット
ネイビー
シルキーピンク
シルキーベージュ
インク色:黒
¥550(税抜価格¥500)

アクロ500 ブラックマット

購入したカラーはやっぱり好きなモノトーンのブラックマット!アクロ300・1000よりも短い500は持ち歩き用の手帳にピッタリのサイズでした(о´∀`о)

本体

本体は樹脂・塗装でマット加工されています。マット×金属の組み合わせがカッコ良く、持った感触もサラサラしていて、長さは128mm・Φ9.6mmと細身で短めなので手帳にはピッタリサイズなのですが…グリップ部分が無いので、短く細い分少し滑りやすいかな、という印象も。

ロゴ・ノック・クリップ部分

ロゴは0.3mmはゴールド、0.5mmはホワイト。黒×ゴールドの組み合わせがすごくスタイリッシュ(о´∀`о)
クリップは金属なので少し硬めだけど、持ち歩き用として工夫されているのが、クリップ上部にあるストラップホール。手帳のペンホルダーだけでなく、いろんな場所に付けることが出来るのですごく便利です。

でも少し残念なのはノック部分。カチッと音が大きめなのは好きなのですが、書き進めていってペンを動かすとなんだか大きくカチカチなるのでそれがすごく気になりました。何の音なのかすごく気になって見てみたらノック部分が戻る音だったんです。「なんでこんなに気になるんだろう…」と不思議に思い他のアクロシリーズでペン先を出して逆さまにすると、ノック部分がアクロ500同様降りてくるけどすごくゆっくりなんです。そして元に戻すとまたすごくゆっくり戻っていきます。
このノック部分を押した状態での戻りがアクロ500は早くて、ペンを動かす度にカチカチ鳴ってしまう。そこが私にはすごく気になってしまいました(´・ω・`)

ペン先と書き心地

ペン先は同じ0.3mmのアクロボールTシリーズと変わらないのですが、すごく掠れがありました…実際書いた時の写真を見ると、1回目は所々擦れています。これでも擦れなかった方で、全くまともに書けない時もありました。でも2回目からは擦れなくなって書き心地もスムーズになり、軽く持って滑らせるように線を引くと全く問題なし。
私自身筆圧が強い方で、書写などの際は特に強くなってしまいます。軽く持ってスラスラ滑らせると問題なく、ちゃんと書こうとしっかり持つと擦れが強くなるので、個体差もあるかもしれませんが筆圧がポイントかなと思いました。

筆圧の強さは書く人によって違うし、もう筆圧強く書くことが癖付いているのでアクロ500は合わないのかな…と少し残念。でも、最初は苦手だなと思っていたペンが月日が経って使ってみると全然大丈夫ということもあるので、少し経過見て使ってみようと思います(´・∀・`)

※Amazonは少し割高なので、楽天か店頭での購入がお得です!

 

↓↓ブログ村ランキング参加しています!よろしければポチっとお願いします!〃´`) 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)